ホルモンバランスを整える 男性

【肥満・薄毛・ハゲ対策】ホルモンバランスを整えることで男性の悩み解消!

「ホルモンバランス」というと女性が気をつけたいことのように思う人もいるかもしれませんが、男性でもホルモンバランスが崩れてしまうことは当然あります。男性のホルモンバランスの乱れは、肥満やハゲ、薄毛の原因となるのです。ホルモンバランスの乱れる原因と整える方法をチェックしましょう。

男性のホルモンバランスの乱れは肥満・ハゲ・薄毛の原因に!

 

男性のホルモンバランスも女性と同様に乱れてしまいます。原因や影響を知っておくと良いでしょう。

男性ホルモン量の減少が原因

男性のホルモンバランスの乱れは男性ホルモン「テストステロン」分泌量が減ってしまうことが原因です。テストステロンの分泌量は20代が最大で、加齢とともに徐々に減っていきます。ですが30代後半から40代になってくると、男性ホルモン量が著しく減少してしまうことがあるのです。

なぜテストステロンは減るの?

女性は閉経によって女性ホルモンの分泌が著しく少なくなってしまいます。男性は閉経のような肉体的な変化はありません。男性のテストステロンの分泌量の減少は、疲労やストレスによるものです。特に仕事や人間関係などで長年ストレスにさらされたり、疲労がなかなか抜けない生活をしているとテストステロンは減り、ホルモンバランスが乱れてしまうのです。

生活習慣によってもホルモンバランスは乱れる

生活習慣の乱れによってもホルモンバランスは乱れてしまいます。栄養の偏った食生活、カロリーのとり過ぎ、塩分・脂肪分・糖分のとり過ぎ、運動不足、睡眠不足と言ったことがホルモンバランスを乱す要因になってしまいます。

ホルモンバランスが崩れると薄毛・ハゲ・肥満の原因に!

男性のホルモンバランスが乱れると、薄毛やハゲの原因になります。また、善玉コレステロール(HDLコレステロール)が減少すると内臓脂肪が増加するため、肥満やメタボリックシンドロームの原因にもなります。その他、以下のような影響があります。

  • 骨密度の低下による骨折リスク増
  • 頭痛
  • めまい
  • ほてり
  • 発汗
  • 頻尿
  • 集中力の低下
  • 意欲の低下
  • 眠りが浅くなる・睡眠障害になる
  • 性欲の減退
  • 痛みに敏感になる

食生活を見直してホルモンバランスを整える

 

男性のホルモンバランスを整えるために最も基本的なことは食生活です。自分自身の食生活を振り返ってみましょう。外食中心であったり、油っぽいもの、しょっぱいもの、甘いものなどばかり食べていないでしょうか?野菜の摂取が少ないということもあるかもしれませんね。

1日3食規則正しく食べる

食事は1日3食、規則正しく食べることが大切です。朝食や昼食を抜いてしまうのはよくありません。食事を抜くと体が飢餓状態になるため、それを防ぐためにエネルギーを脂肪の形で蓄えてしまいます。そのため、肥満の原因にもなるのです。

栄養バランスを考えて

ビタミン、ミネラル、タンパク質などの栄養バランスをしっかりと考えた食事をしましょう。外食やコンビニ食が多くなるとどうしてもパンやパスタ、そば、ご飯といった炭水化物が中心になります。炭水化物はエネルギーになりやすいので便利ですが、それだけでは健康的な毎日を送ることができません。肉、魚、野菜をしっかりバランスよく取りましょう。

ホルモンバランスを整える栄養素とは

ホルモンバランスを整えたり、テストステロンの分泌をアップさせるために必要な栄養素というのがあります。特に亜鉛、イソフラボン、ビタミンEやビタミンB6と言った栄養素を取るようにすると良いでしょう。

亜鉛

亜鉛は男性の健康を維持する上で非常に重要な栄養素です。亜鉛を飲めばテストステロンの分泌量が増えるというわけではありませんが、ホルモン分泌を増やすためには必要とされる成分です。また、精子を作る原料にもなり、精力剤の成分としてアルギニンと合わせて含まれることが多いです。

イソフラボン

大豆で知られるイソフラボン「植物性エストロゲン」と呼ばれ、女性ホルモンであるエストロゲンと同じような働きをすることで知られています。イソフラボンを適度に摂取することでテストステロンの増加を促進してくれる働きがあり、テストステロンの減少による「男性更年期障害」を緩和してくれるという働きがあるのです。

ビタミンE

ビタミンEは強い抗酸化作用を持つことで知られるビタミンです。血液をサラサラにしてくれるため、血流をアップさせる働きがあります。血流がアップすることでホルモン分泌を司る脳下垂体の働きを正常に維持することができ、ホルモンバランスの調整に役立つのです。

ビタミンB6

ビタミンB6ホルモンバランスを整える働きがあるビタミンです。また、精神を安定させるという働きもあり、ストレス対策によってホルモンの分泌を促してくれます。

ビタミンC

ビタミンCも強い抗酸化作用があるほか、抗ストレス作用を持っているため、ストレスによるホルモンバランスの乱れに効果があります。また、血行促進や免疫力アップ、美肌効果などさまざまな効果があります。タバコを吸う人はビタミンCの消費が多くなってしまうため、ビタミンCを多く摂るように心がけるか、タバコをやめるようにしましょう。

適度な運動でホルモンバランスを整える

 

ホルモンバランスを整えるのには適度な運動も大切です。運動を行うことで自律神経が活性化されます。そのため、ホルモンバランスを整えるのに役立つのです。

継続できる運動を

激しい筋トレを週に1回行うということではなく、短時間でもできるだけ継続出来るような運動を行いましょう。毎日のウォーキングやランニングのような運動をするとよいでしょう。プールでの水中ウォーキングや水泳などを行うのも良いですね。エアロバイクなどは腰や膝に負担をかけずに有酸素運動が出来るので便利です。

運動にはメリットがたくさん

運動を行うことで筋肉量がアップします。筋肉量がアップすると基礎代謝量も増え、痩せやすい体になることができます。血行も促進されるため、冷え性や肩こりなどを解消することができます。ストレス解消にも役立ちますし、寝付きが良くなり睡眠の質が上がると言った効果もあります。

疲労とストレスを解消してホルモンバランスを整える

 

疲労やストレスはホルモンの分泌に非常に大きな影響を持っています。疲労回復とストレス解消によってホルモン分泌を正常に保ちましょう。

ストレスはホルモンバランスを乱す原因

性ホルモンの分泌を促す脳の視床下部はストレスに弱く、ストレスのかかっている状態では正常に働くことができません。そのため、ホルモンバランスが乱れてしまうのです。仕事や人間関係などで感じるストレスは早めに解消するようにしましょう。体を動かす、好きなことに打ち込む、笑うなどと言ったことがストレス解消に役立ちます。うまく休息をとって気分転換を行うようにしましょう。

疲労回復はしっかりと

疲労が溜まっている状態では自律神経が乱れたりストレスを感じやすかったりします。まずは睡眠時間をしっかりと確保することが重要です。睡眠時間は6時間から8時間は確保した方が良いと言われていますし、いわゆる「寝だめ」というのはすることはできないと言われています。そのため、毎日早めに寝るように心がけましょう。

睡眠の質を上げるために

睡眠の質を上げるため、寝る前のパソコンやスマホの利用は控えるようにしましょう。パソコンやスマホから出るブルーライトは非常に強いため、睡眠の質が下がると言われています。また、寝酒や寝る前のコーヒーは睡眠の質を下げるため、絶対におすすめできません。普段シャワーだけで済ませてしまっている人は、お湯を張ってお風呂に浸かりましょう。温めのお湯に長めに浸かると副交換神経が優位な状態になり、リラックスすることができます。お風呂上がりにはゆっくりストレッチをすることで疲労が取れやすくなりますし、よく眠れるようになります。

男性もホルモンバランスを整えて肥満や薄毛を予防しよう!

 

男性のホルモンバランスの乱れは生活習慣の乱れや疲労、ストレスによる部分が非常に大きくなります。ホルモンバランスが乱れることによる肥満やハゲ、薄毛は生活習慣を改善することで予防することができます。健康的な生活をすることでホルモンバランスをしっかり整えましょう。

ホルモンバランス整えるサプリランキングへ