ホルモンバランスの崩れと吐き気

ホルモンバランスの崩れと吐き気

ホルモンのバランスが崩れることで出てくる症状は人によってさまざまで、軽度のものから重度のものまであり、体型や年齢に区別されません。さまざまな症状の中の一つに、「吐き気」があります。

 

ホルモンのバランスが崩れて、疲れが取れなかったり、疲労感や倦怠感を感じながらも騙し騙し日々の生活を送っていると、突然吐き気をもよおすことがあります。吐き気が出る前に医師の診察を受けたり、吐き気が出てすぐに医師の診察を受ければ薬が処方されて症状は改善します。ただ、また同じような生活習慣を送っていると次第にホルモンのバランスが崩れ、同じ症状に悩まされることになります。重度の方だと、立っていられないほどのめまいが起きて、同時に吐き気をもよおしてしまうそうです。

 

吐き気やめまいは回数や周期が人によって違います。例えば、月経の前になると吐き気が治まらないという方は、月経前症候群(PMS)の可能性があります。生理の前は多かれ少なかれ誰でもホルモンのバランスが崩れます。それによって、イライラや無気力状態、便秘や吐き気などさまざまな症状が出るのです。月経後に起きる場合もあります。定期的に症状が出る場合は月経前症候群の可能性がありますので、婦人科の診察を受けてみましょう。

 

思春期や更年期に起こるホルモンバランスの乱れは、どなたにでも必ず起こる事でその症状の出方に違いはあれど、誰しもが経験することです。この場合、症状を抑えることはできますがそれ自体を対処する事はできません。ホルモンバランスが乱れ始めるのは、生活習慣が乱れ始めた頃だと言われています。
人は朝昼晩食事をし、適切な時間に眠り、適当な睡眠時間がなければ健康な体を維持する事が出来ません。体調がすぐれない時は無理せずに医師の診察を受け、ご自身の生活習慣を振り返ってみましょう。

 

また、それに加え、ホルモンバランスを整えるサプリを併用するのもお勧めです。

ホルモンバランス整えるサプリランキングへ