ホルモンバランスを整える

ホルモンバランスを整える

ホルモンバランスを整えるには、まずは食生活ですが、食生活を改善してもよくならない場合、次に考えるのは、ホルモンバランスサプリです。ただ、症状などによりますがサプリメントは、食生活改善の補助的な役割とおもったほうがいいかもしれません。
そうなると、次に考えたいのが、薬によるホルモンバランスを整える方法を検討するのもいいかもしれません。

 

ホルモンバランスに効果のある薬の成分としては、以下の成分などが適しています。

痛みをとる成分

サフラン・・・・・・・鎮静薬
ボウフウ・・・・・・・頭痛
シャクヤク・・・・・・・生理不順の痛みをとる

ホルモンバランスに効果

ボタンピ、ケイヒ・・・・・・・血流をよくする
カノコソウ・・・・・・イライラを取り除く
トウキ・・・・・・・・月経不順に効果

 

 

ホルモンバランスを整える

ホルモンバランスを整えるには、生活習慣を見直し、食生活を見直し、睡眠を十分にとる事が第一です。漢方薬を飲んで体質から改善していくという方法もあります。ただ、忙しい現代人は生活習慣を見直すというのは意外と難しい事です。
欧米化した食生活、コンビニに行けば食べるものは気軽に手に入りますし、一歩街に出ればファーストフードもたくさんあります。そんな時、即効性の高い方法として挙げられるのがサプリメントや薬です。

 

⇒ ホルモンバランスサプリランキングTOPへ

 

ただ、ホルモンのバランスを薬を使って調整するのは副作用が伴う為注意が必要です。薬を使った方法には、ホルモン注射とピルがあります。ホルモン注射は、男女共に受けられる治療で、生理不順、更年期障害、生理痛の軽減などに大きく効果を発揮します。注射部位は、筋肉注射ですので、腕かお尻の上の方に打つ注射です。

 

ただし、ホルモン注射には内臓への影響が懸念されます。また、むくみが出たり、注射した直後は体がズンと重くなるのでご自宅などで安静にする必要があります。また、女性が男性ホルモンを、男性が女性ホルモンを注射すると副作用のリスクは高くなります。ホルモン注射を受ける場合は、そうした副作用のリスクをきちんと医師から聞き、納得した上で注射しましょう。
ちなみに、思春期の女性は女性ホルモンより男性ホルモンの方が優位にあります。その為にニキビが発生するのです。逆に、40歳を過ぎると卵巣の機能は徐々に衰え、女性ホルモンの量が減ります。

 

次にピルですが、ピルは避妊のための薬としてよく耳にします。実際の働きは、女性ホルモンを安定させるというものです。女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンという2種類のホルモンが存在し、月経を境にそれらの量を体内で調整しています。ピルを服用すると、エストロゲンとプロゲステロンが安定するため結果的にホルモンのバランスが安定します。
ピルを服用することで、避妊や貧血の改善、ガンの防止、卵巣機能の回復、生理痛の緩和などの効果が得られます。
ただ、ピルも副作用があります。飲んだ直後から頭痛や吐き気などの症状が出る場合があります。もちろん人によってその程度はさまざまですが、服用量を増やすと肥満になるという報告もあります。ピルは、体調が安定している方に処方する場合が多く、体調が悪い時は副作用が強く出る可能性があります。服用には医師の注意を良く聞き、納得した上で服用するようにしましょう。

 

サプリメントなら副作用を気にせずにホルモンバランスを整えることができますので、副作用が心配と言う人は、サプリメントを試してみるのがお勧めです。

 

⇒ ホルモンバランスサプリランキングTOPへ

 

 

 

ホルモンバランスを整える成分

ホルモンバランスを正常に戻すには、まず食生活の改善です。ホルモンバランスを改善する成分として知られているのは、イソフラボン、亜鉛、ビタミンE、パントテン酸、マグネシウム、カルシウムです。これらの成分が含まれている食べ物を積極的に食べることで、ホルモンバランスを安定することができます。では、どのような食品にこれらの成分が入っているのでしょうか。

 

まずイソフラボンですが、イソフラボンは大豆にたくさん含まれています。その為、大豆を使った食品をたくさん食べることをお勧めします。大豆が含まれている食品は、納豆、豆腐、味噌、醤油などです。日本人にはとても身近な食品ばかりなので、無理なく摂取することができると思います。イソフラボンは、女性ホルモンにとてもよく似た働きをします。とは言え、毎日毎日大豆ばかり食べていても意味がありません。他の栄養素もバランス良く摂取するようにしましょう。

 

ビタミンEは、大豆、うなぎ、アーモンド類に豊富に含まれています。ビタミンはたくさんの種類がありますが、種類ごとに働きが全く違います。ホルモンのバランスを調整するには、ビタミンEを摂る事が最適です。ビタミンEは特に細胞膜の老化を遅らせる働きがある為、加齢によって卵巣の機能が衰えるのを遅らせることができます。

 

亜鉛は、レバーやカキに含まれています。どんな効果があるのかわかりにくい成分ですが、ホルモンの生成に欠かせないのが亜鉛です。レバーやカキは、日常的に摂取する食べ物ではないと思います。その為、意識して積極的に摂っていく必要があります。

 

また、これも聞き慣れない成分ですが、パントテン酸は納豆、レバー、落花生に豊富に含まれています。パントテン酸の役割は、ホルモンを出す量を増やすというものです。とてもお肌に良い成分として知られています。

 

こうしてみると、ホルモンに関わる栄養素を食材で見てみると、納豆や豆腐、レバーなど共通しているものがたくさんあります。普段から意識してこれらを摂取するようにしてみてください。ただ、摂りすぎればよいというわけではありません。
毎日お豆腐ばかり食べていても、他の栄養素が不足してしまいます。食事は何よりもバランス良く摂取することが重要です。

ホルモンバランス整えるサプリランキングへ