ホルモンバランス イソフラボン

エストロゲンを補う!イソフラボンはホルモンバランスを整える救世主!

植物に含まれるポリフェノールであるイソフラボンには、女性ホルモンであるエストロゲンに似た作用があります。体内で減ってしまった女性ホルモンを補い、ホルモンバランスを整える作用がありますよ。その他にも、イソフラボンには嬉しい効果が沢山あります。身体に良いイソフラボンを効果的に摂取する方法について確認してみましょう。

エストロゲンに似た作用を持つイソフラボンはこんなにすごい!

 

イソフラボンの効果はホルモンバランスを整えるだけではありません。他にも沢山驚きの効果がありますよ。

ホルモンバランスを整える

ストレスや生活習慣の乱れなどでホルモンバランスが乱れてしまうと、生理不順や更年期障害のような症状が出てきて辛くなります。イソフラボンには女性ホルモンであるエストロゲンに似た作用があるため、乱れてしまった女性ホルモンの分泌量を調整し、バランスを調整して身体の調子を改善してくれますよ。

更年期障害にも効果アリ

更年期障害は卵巣の機能が加齢と共に低下し、エストロゲンの分泌量が減少してしまうことで起こります。更年期障害の症状は人それぞれですが、のぼせや頭痛、不安などの様々な症状が出てきてしまいます。イソフラボンは減ってしまったエストロゲンの作用を補うことができるので、エストロゲンが少ない為に起こる更年期障害の様々な症状を改善することができます。

美肌効果もバッチリ

生理前のお肌の調子が良いと感じたことはありませんか?実は、エストロゲンには肌の弾力や潤いを生み出す効果があります。生理前は黄体ホルモンであるプロゲステロンよりも、エストロゲンの分泌が多いため、肌の状態も安定するのです。ホルモンバランスが崩れてエストロゲンが減ってしまうと、肌の状態が不安定になり、しわやたるみなどの肌トラブルが出てきてしまいます。イソフラボンを摂取することで体内の女性ホルモンの作用が強くなり、コラーゲンやヒアルロン酸が作られるのを促進させて美肌効果を得ることができるのです。

男性の健康も守ってくれる

女性だけに効果がありそうに見えるイソフラボンですが、実は男性に起こる前立腺がんを予防する効果があります。前立腺がんは、男性ホルモンが過剰に分泌されることで起こる病気です。イソフラボンを摂取することで男性ホルモンの分泌量を抑え、前立腺がんの発生を予防することができるのです。

イソフラボンが含まれている食材は?

 

ホルモンバランスを整えてくれるイソフラボンは、どんな食材に含まれているのでしょうか?

大豆製品

納豆、豆乳、豆腐などの大豆製品にはイソフラボンが多く含まれています。日本人が昔から利用してきた味噌や醤油も大豆から作られていることから、和食はイソフラボンを摂取しやすい料理であると言えますね。また、大豆には体内では合成できない必須アミノ酸が多く含まれており、ホルモンの材料になるタンパク質を作る働きもあります。

レッドクローバー

レッドクローバーの和名はムラサキツメクサで、ヨーロッパ原産のハーブです。赤紫色の花をつけることから、レッドクローバーと呼ばれるようになりました。レッドクローバーには女性ホルモンであるエストロゲンに似た作用を持つイソフラボンが含まれており、ホルモンバランスを整えたり、女性らしい丸みを帯びたボディラインを作る作用があります。その他にも、鎮静作用や炎症を抑える作用があり、風邪の予防や咳の改善のためのハーブティーとしても利用されています。

マメ科の植物である葛は、昔から食料だけではなく薬としても利用されてきました。日本では、秋の七草のうちの1つとして、古くから親しまれている植物です。葛の根は葛根(かっこん)と呼ばれ、葛根湯などの様々な漢方薬に配合されています。エストロゲンに似た作用を持つイソフラボンが含まれているのは、葛の花の部分です。女性ホルモンの作用を助けるだけではなく、身体の脂肪を燃えやすくする効果にも注目されています。

イソフラボンを効率よく摂取するには?

 

エストロゲン作用を得るために、イソフラボンをしっかり摂取したいですよね。効率よくイソフラボンを摂取するには、どのようにしたら良いのでしょうか?

大豆製品を沢山食べよう

イソフラボンを多く含み、調理のしやすい大豆製品を毎日の食卓に沢山取り入れてみましょう。納豆や豆腐なら調理せずにそのまま食べることができますし、忙しくても手軽にメニューに加えることができます。納豆なら1パック、豆腐なら半丁を目安に食べるようにすると、1日に必要なイソフラボンを摂取することができます。より効率よく摂取したいのであれば、大豆そのものをそのまま食べられるきなこを食べるのもおすすめですよ。

サプリメントで摂取する方法も

忙しくてなかなか食事でイソフラボンを摂取できない人は、サプリメントを利用するのも1つの方法です。サプリメントであれば、数秒あれば錠剤やカプセルを飲めることができるので、時間が無くてもあっという間にイソフラボンを摂取することができます。サプリメントを選ぶ時は、イソフラボンの1日の摂取量だけではなく、安全性の高い工場で作られているかどうか、毎日続けやすい値段であるかどうかも確認しましょう。原料の大豆が農薬の検査をしているか、遺伝子組み換え大豆を使用していないかどうかを確認すると、もっと安心して飲めますね。

イソフラボンをたっぷり摂れるレシピ

 

イソフラボンをたっぷり食べられる、大豆製品を使ったレシピをご紹介します。どれも簡単に作れるものですので、是非試してみてください。

きなこトースト

  • 食パン 1枚
  • バター 適量
  • きなこ 小さじ1〜2
  • 砂糖 小さじ1〜2

砂糖ときなこを合わせておく。トーストした食パンにバターを塗り、甘くしたきなこをふりかける。

大豆の甘辛煮

  • 大豆水煮缶 1缶
  • 人参 2分の1本
  • こんにゃく 1枚
  • 醤油・みりん・砂糖 各大さじ2
  • 水100ml

人参とこんにゃくを1センチ角に切る。こんにゃくはざるに乗せ、上から熱湯をかけて臭みを取り除く。鍋に調味料をすべて入れ、沸騰したら人参と大豆、こんにゃくを入れて弱火で煮る。焦げないように注意しながら煮汁が少なくなるまで煮詰めたら出来上がり。

豆乳と味噌の美味しいスープ

  • 豆乳 200ml
  • 水 150ml
  • 人参 50g
  • 玉ねぎ 100g
  • 白菜  100g
  • 顆粒だし 小さじ2
  • 味噌 小さじ1
  • サラダ油 適量

白菜はざく切り、玉ねぎと人参は薄く切っておく。鍋にサラダ油を入れ、人参と玉ねぎを最初に入れ、しんなりしたら白菜も入れて更に炒める。豆乳と水を加え、ひと煮立ちさせたら弱火にして柔らかくなるまで煮込む。最後に、顆粒だしと味噌を加えて味を整えたら完成。お好みでキノコを加えても美味しい。

味噌マヨネーズの大豆サラダ

  • 大豆水煮 150g
  • キュウリ 1本
  • ツナ缶  適量
  • 味噌 小さじ3
  • マヨネーズ 大さじ3
  • すりゴマ 少々

大豆の水気を切っておく。キュウリは両端を切り落とし、立て半分に切ってから切り口を下にして薄い半月切りにする。味噌とマヨネーズを混ぜ合わせておき、キュウリと大豆を入れてよく混ぜる。ツナ缶も入れて更に混ぜ、最後にすりゴマをふりかければ完成。

ホルモンバランスを整えたいならイソフラボンにお任せ!

 

ストレスや疲労、加齢などにより体内のエストロゲンの分泌が減ってしまうと、ホルモンバランスが崩れて様々な不調が出てきてしまいます。植物に含まれるイソフラボンは女性ホルモンであるエストロゲンと似た作用を持つ成分で、手軽に大豆製品から摂取することができます。いつもの食卓に大豆製品をプラスするだけで、乱れがちなホルモンバランスを整えることができますよ。

ホルモンバランス整えるサプリランキングへ