ホルモンバランス お茶

ホルモンバランスはお茶で整えよう!おすすめの人気ハーブティー5選!

ホルモンバランスが崩れたせいでおこる体の不調は非常につらいですよね。それだけでストレスが倍増しそうです。

 

何とホルモンバランスを整えることの出来るお茶があることを知っていますか?手軽に飲めてしっかり効果のあるお茶の種類をチェックしましょう。

ホルモンバランスをお茶で整えるメリットは?

 

ホルモンバランスをお茶を飲むことで整えるメリットはどのようなところにあるでしょうか?

リラックス効果がある

ホルモンバランスを整えるお茶の多くはハーブティーです。ハーブティーは香りがよく、リラックス効果があるものが多いものです。ホルモンバランスが崩れる原因の一つに自律神経の乱れがあります。ストレスや疲労、生活習慣の乱れなので自律神経のバランスが乱れることがホルモンバランスの乱れにつながるのです。ハーブティーは成分による効果だけでなく、その香りやハーブティーをゆったりと飲むという雰囲気まで含めてリラックス効果がありますので、副交換神経が優位になり、自律神経が整うというメリットがあります。

自然の働きなので体に優しい

ハーブティーは昔から民間療法として用いられてきました。全て天然の成分なので、体に優しいと言うのはうれしいですね。薬ではないため、多く飲んでも体調を崩しにくいというメリットもあります。ただし成分によってはお腹がゆるくなったりするものもありますので、注意事項をしっかりと把握しておくと良いでしょう。また、妊娠中の人や婦人系の疾患で治療中の人は避けた方が良い場合もあるので、医師に相談してみると良いでしょう。

好きなときに飲める

ハーブティーは好きなときに飲めるというのも大きなメリットですね。日頃のコーヒーや紅茶をハーブティーに変えるだけで大丈夫。仕事中や家事の合間、リラックスタイムに至るまで、いつでも飲むことが出来てホルモンバランスが整うというのは良いですね。

ホルモンバランスを整えるお茶の成分は

 

ホルモンバランスを整えるお茶にはどのような物があるでしょうか?含まれている成分などを見ていきましょう。

チェストベリー

チェストベリーはホルモンバランスを整えるハーブティーの代表格と言っていいでしょう。月経前症候群(PMS)を解消する薬「プレフェミン」の主成分としても使われているため、その効果も信頼できそうですね。チェストベリーは女性ホルモン「プロゲステロン」の分泌を促すことでホルモンバランスを整える働きがあります。PMSだけでなく、生理不順や重い生理痛、更年期障害の症状も緩和してくれます。ただし、妊娠中の人やピルを飲んでいる人は飲むのを避けた方が良いと言われています。婦人科系の疾患で治療中の人も避けた方がよいでしょう。

ローズティー

ローズティーはバラの香り高いハーブティーです。バラの香りをかぐと気持ちがやすらぎ、華やかな気持ちになれるため、イライラや気分が落ち込みがちなときに効果があります。ホルモンバランスの崩れはストレスが原因になっている場合もありますが、そのようなときには非常に効果の高いハーブティーだといえるでしょう。なお、「世界三大美女」の一人であるクレオパトラも愛飲していていたお茶で「若返りの薬」とも呼ばれているのです。もちろん、ホルモンバランスを整える働きもありますよ。

レッドクローバー

レッドクローバー女性ホルモン「エストロゲン」と似た働きをするフラボノイドが含まれています。そのため、体内のエストロゲン量を増やしてホルモンバランスを整えてくれるのです。生理前の肌荒れ、PMS、更年期障害、生理不順などに効果があります。

アンジェリカ

アンジェリカ漢方薬としても使われているハーブです。アンジェリカには血行を促進してくれる効果がありますので、体を温めてくれたり、骨盤内の血行を促進することで子宮が活発に働くようにしてくれます。ホルモンバランスを安定させる働きもあります。アンジェリカは不妊や生理不順、PMSなどの治療に使われる漢方薬である「当帰芍薬散」の原料である「当帰」と近い種類の植物ですので、その効果も期待できますね。

たんぽぽ茶

妊娠中や授乳中の女性に飲まれることの多いたんぽぽ茶も女性ホルモンを整えるのに役立ちます。たんぽぽの根や葉を使ったお茶のことをたんぽぽ茶といいますが、昔から「母の薬」という異名を取っているお茶なのです。たんぽぽ茶には「T-1」という成分が含まれており、脳下垂体に働きかけることで女性ホルモン「エストロゲン」の分泌量を増やし、ホルモンバランスを整えてくれます。また、たんぽぽ茶は体を温める働きがあるため、血行促進効果や冷え性などを和らげる効果が期待できます。

ホルモンバランスを整えるお茶に合わせたいおすすめおやつは

 

ホルモンバランスを整えるお茶を飲んでいると、つい甘いものもつまみたくなってしまいます。ヘルシーでカロリー控えめなおやつの作り方もご紹介しましょう。

カロリー控えめ!おからクッキー

おからクッキーはダイエットにも人気のクッキーです。おからは大豆から出来ているため、植物性エストロゲンであるイソフラボンを摂ることが出来るため、ホルモンバランスを整えるのに役立ちます。

材料
  • おから:200g
  • 小麦粉:140g
  • きな粉:80g
  • ベーキングパウダー:小さじ1杯
  • はちみつ:60g
作り方
  1. おから、小麦粉、きな粉、ベーキングパウダーをボールに入れて混ぜる。
  2. しっかり混ざったらはちみつを入れてさらに混ぜる。手で抑えて一つにまとめる。
  3. 小さく取って形を作り、180度のオーブンで20分程度焼く。オーブンは予熱しておくこと。

ヘルシー&整腸作用!黒糖きなこヨーグルト

腸内環境を整えるヨーグルトだけでなく、ホルモンバランスを整えるイソフラボンを含むきな粉ミネラル豊富な黒糖を合わせたヘルシーでおいしいデザートです。

材料
  • プレーンヨーグルト:1人分
  • きなこ:適量
  • 黒糖:お好みで ※オリゴ糖を使ってもOK
作り方
  1. 器にヨーグルトを盛る。
  2. 上からきな粉と黒糖をふりかける。善玉菌のエサとなるオリゴ糖を使ってもOK。
  3. 混ぜながら食べる。

ホルモンバランスを整える市販のお茶の選び方

 

ホルモンバランスを整えるお茶を選ぶときにはどのような基準を持っていればよいでしょうか?

産地と安全性をチェック!

自然由来のハーブティーは、産地と安全性のチェックも忘れずに行いたいですね。無農薬で作られているかどうか、有機栽培か否か、国産か外国産かなど、安心して飲むためにチェックしておきたいポイントは多いものです。

ブレンドハーブティーは成分をチェック!

ハーブティーは1種類のハーブから出来ているシングルハーブティーと、複数の種類のハーブがブレンドされているブレンドハーブティーがあります。シングルであれば成分も効能もよくわかりますが、ブレンドハーブティーの場合には材料となっているハーブの名前がブレンドの名前に入っていないということもあります。どのハーブティーをブレンドしているのか、成分をしっかりチェックしてから購入しましょう。

価格も重要なポイント

1回や2回ではなく、毎日のホルモンバランスケアとして取り入れるため、継続して飲むことの出来る価格設定のものを選ぶというのも大切なポイントです。ランニングコストや購入しやすさなど、さまざまな点を考慮して選びましょう。店舗で購入するだけでなく、通販サイトを活用するというのも良い方法です。

お茶を飲んで手軽にホルモンバランスを整えよう

 

ホルモンバランスを整える方法はいくつもありますが、お茶を飲むというのは手軽でいつでも出来るというメリットがあります。仕事中や家事の合間、リラックスタイムなど、どんなときでも飲むことが出来るというのは大きなメリットです。香りの良いハーブティーは気持ちを落ち着かせる働きもありますので、ホルモンバランスの大敵であるストレスも解消できますね。

ホルモンバランス整えるサプリランキングへ