ホルモンバランス 薄毛 女性

【ヤバイ…女性の薄毛】ホルモンバランスが原因!?効果的な対処法をチェック

薄毛で悩むのは男性だけではありません。女性でも、急に抜け毛が増えて髪の毛が薄くなったり、円形脱毛症のように小さなハゲが頭に出来てしまうこともあります。女性にとって、髪の毛は美しさの象徴とも言えるもの。その髪の毛が薄くなったり、ハゲてしまうのは本当にショックですよね。毛髪と女性ホルモンには深い関係があり、薄毛や円形脱毛症で悩んでいる人の多くはホルモンバランスが乱れていると言われています。では、どうしたらホルモンバランスを整えることができるのでしょうか?

女性の薄毛はホルモンバランスが原因

 

毛が薄くなってしまうのは、女性ホルモンのバランスが乱れることが原因です。その理由をこれから詳しく見ていきましょう。

女性の円形脱毛症が起こる理由

円形脱毛症の多くは自己免疫疾患が原因と言われています。毛穴の奥には、毛包と呼ばれる筒状になった部分があり、毛を作り出す毛母細胞や毛乳頭があります。自己免疫疾患では、この毛包部分を体内のリンパ球が異物と認識してしまう為に毛が生えなくなったり、十分に毛髪が成長できずに抜けてしまうので、薄毛になったりしてしまうのです。身体の様々な機能に影響を与えるホルモンの分泌は、自己免疫疾患にも大きく関係しています。ストレスなどによりホルモンバランスが崩れることが、円形脱毛症を引き起こすきっかけになると考えられています。

女性ホルモンと薄毛の関係

女性ホルモンの一種であるエストロゲンには、毛髪の発育を促す効果や、毛髪の成長期間を長くする働きがあります。エストロゲンの分泌が悪くなると、毛髪が成長しにくくなって抜けやすくなったり、細く短い毛になって地肌が目立つようになってしまうのです。このように、ホルモンバランスが乱れて女性ホルモンの分泌が悪くなると、女性でも薄毛に悩まされることになります。

薄毛と円形脱毛症の治し方

あまり目立たない程度の薄毛や範囲の狭い円形脱毛症がストレスによるものである場合、生活習慣の改善をすれば特に治療をしなくても自然と治ることがあります。しかし、自己判断で治療をしていてもなかなか治らない薄毛や円形脱毛症もあるので注意しましょう。抜け毛の進行が早い、症状の進行が止まらない、赤みなどの炎症が起きている場合は、速やかに医師の診察を受けるようにしましょう。

ホルモンバランスが乱れる原因は?

 

ホルモンバランスが乱れる原因は沢山ありますが、主な4つの原因について解説します。あなたは思い当たる節があるでしょうか?

ストレス

ホルモンの分泌は、非常にデリケートです。精神的ストレスや肉体的ストレスは、身体に疲れを蓄積させるだけではなく、脳にも影響を与えます。脳にストレスがかかると、自律神経の働きを乱したり、ホルモンの分泌に異常が生じたりするのです。家庭でのストレスや仕事でのストレスなどを抱えて悩んでいる人の多くは、ホルモンバランスが乱れていることが多く、薄毛や円形脱毛症などの症状が出やすいと言えます。

生活習慣の乱れ

不規則な生活を送っていると、慢性的な睡眠不足になったり、疲労が取れずに体調が悪くなったりと様々な身体の不調が生じます。食生活が乱れて十分な栄養が摂取できない状態になることもあるでしょう。このように生活習慣が乱れてしまうと、身体の健康が維持できなくなり、ホルモンバランスが崩れてしまう原因となるのです。体が健康でない状態ではホルモンバランスを整えることは出来ませんので、まずは健康的な生活をすることが大切です。

出産

出産前と後では、ホルモンの分泌量が大きく異なるため、妊娠出産は女性のホルモンバランスが大きく崩れる原因となります。産後は急に女性ホルモンが減少するので、身体がホルモンの分泌量の変化についていけなくなり、精神的に不安定になったり、抜け毛が多くなったりすることがあります。人によっては、薄毛だけではなく円形脱毛症に悩むこともあります。

更年期

更年期もまた、女性のホルモンバランスが崩れてしまう時期です。これは、閉経を迎えることで女性ホルモンであるエストロゲンの量が急に減ってしまうことで、ほてりや頭痛などの様々な症状が起こるのです。更年期障害の症状の中には、薄毛や円形脱毛症といった症状も含まれます。

ホルモンバランスを整えるには?

 

ホルモンバランスの整った毎日を過ごすためには、どのような点に注意すべきでしょうか?

規則正しい生活を送ろう

きちんと3食食べて決まった時間に十分な睡眠をとることは、健康な身体を維持するために必要です。このように規則正しい生活を送ることで体調が整えられ、ホルモンの分泌を正常にすることができるのです。暴飲暴食を避けたり、適度な運動をすることも、ホルモンバランスを整える効果がありますよ。

栄養バランスを考えて食べよう

偏った栄養では薄毛や円形脱毛症ができる原因となります。炭水化物だけではなく、良質のタンパク質やホルモンバランスを整える作用のあるビタミンやミネラルを毎日しっかりと摂取するようにしましょう。女性ホルモンに良く似た作用を持つイソフラボンの摂取もおすすめです。

ストレスを溜めないようにしよう

脳はストレスに非常に弱いため、毎日ストレスを溜めないように過ごすことが大切です。ストレスを感じたら、運動をしたり買い物をしたりして上手にイライラを発散させるようにしましょう。趣味の時間を作って、リラックスできる時間をなるべく増やしましょう。

ホルモンバランスに良い成分を摂取しよう!

 

毎日の食事内容を見直して、ホルモンバランスに良い影響を与える成分を食材からしっかりと摂取してみましょう。

イソフラボン

大豆に含まれているイソフラボンは植物性エストロゲンとも言われており、女性ホルモンであるエストロゲンと似た作用を持つことが知られています。体内で不足している女性ホルモンの作用を補うことでホルモンバランスを整え、薄毛や更年期障害などの症状改善を改善するなどの効果があります

ビタミンE

脂溶性ビタミンであるビタミンEは、血液の流れを良くする作用があります。血液の流れがよくなると、毛根に栄養を届きやすくなるため育毛を促進することができます。また、身体を温めてホルモンバランスを整える効果や、脳に働きかけて女性ホルモンの分泌を促す効果もあります。ビタミンEは強い抗酸化作用を持つので、活性酸素から身体を守ってくれますよ。カボチャやモロヘイヤ、うなぎ、ナッツ類にビタミンEは多く含まれています。

ビタミンB6

粘膜や皮膚の状態を健康に保つ作用のあるビタミンB6は、神経機能を正常に保つ効果もあります。様々な酵素の働きを助ける作用があり、エネルギーを作り出して身体を健康に保ってくれますよ。また、ビタミンB6は女性ホルモンであるエストロゲンの代謝に関与しており、ホルモンバランスを整える効果もあります。ビタミンB6が含まれているレバーやまぐろ、さんまなどの魚介類、大豆製品、バナナなどを積極的に摂取するようにしましょう。

薄毛や円形脱毛症を治すにはホルモンバランスが重要!

 

女性ホルモンのバランスが何らかの原因により崩れてしまうことで、薄毛や円形脱毛症といった症状が出てしまいます。毛髪のトラブルを予防するために、普段からホルモンバランスを整えるように意識しながら生活してみましょう。食生活や通常の生活習慣を改善させ、ホルモンバランスを正常にするように努力することで、薄毛や円形脱毛症のない健康的な身体を維持することができますよ。

ホルモンバランス整えるサプリランキングへ